中部地方観光見聞録

愛知、岐阜、三重を中心に中部地方のおすすめスポットや情報をお伝えします

<

岐阜県「虎渓山永保寺」の紅葉と隠れ家的カフェ「サンドール」

岐阜県多治見市といえば、埼玉県熊谷市と並んで真夏の最高気温を観測することでご存じかもしれません。

 

古墳時代からやきもの文化が栄え、江戸時代には下街道が中山道東海道を結ぶ脇街道として栄えました。

 

下街道は中山道に比べて名古屋城下への道のりは短く難所もわずかでした。

下街道は御嶽・善光寺参りや伊勢・熱田参りのために使われたり、この地方の特産品である美濃焼を名古屋へ運ぶために重要で、当時は庶民の道として賑わいました。

 

下街道の池田宿は現在の多治見市にあります。

多治見には歴史的なもの、ちょっと変わったお店など魅力的な所がありますので、今後紹介していきたいと思っています。

 

 

さて、今回は南北朝時代太平記にも登場し、2つの国宝を有し、紅葉も有名な虎渓山永保寺と永保寺近くにある隠れ家的カフェのサンドールを紹介します。

 

]

 

 

虎渓山永保寺

岐阜県多治見市にある永保寺は、普段は修行寺として静寂につつまれていますが、飛騨・美濃紅葉33選に選ばれていて、池泉回遊式庭園は国の名勝に指定されています。

鎌倉末期に建てられた観音堂と開山堂は国宝に指定されています。また数多くの文化財を秘蔵しています。

 

燃える様に色づくモミジが池を囲み、平成15年の火災で大銀杏は半分が焼けてしまいましたが、黄金色に色づく樹齢700年の銀杏の圧倒的な存在感に多くの人達が足を止めて見入っていたり、写真を撮っていました。

 

f:id:cobumaki:20201228131544j:plain
f:id:cobumaki:20201228131602j:plain

 

永保寺は世界遺産に指定されている中国廬山の虎渓の風景に似ていたことにより虎渓山と名付けられました。臨済宗南禅寺派の古い禅寺です。

鎌倉時代末期、創始者夢窓国師(むそうこくし)が観音堂を建立し、仏徳禅師(ぶっとくぜんじ)と共に永保寺を創立しました。

以来700年余り、長い歴史を持つ由緒ある名高い禅寺として現在に至っています。

 

 

 

国宝 開山堂

 

f:id:cobumaki:20201228132300j:plain
f:id:cobumaki:20201228132309j:plain

 

夢窓国師の死後1年の室町時代初期の1352年(文和元年)に足利尊氏によって建立されたといわれています。

開山堂は寺の創始者(開山)をまつる建物で、国内で現存するものの中で永保寺開山堂が最古なのだそうです。

堂の奥は祠堂(しどう)と呼ばれ、開山仏徳禅師の墓があり、この前に夢窓国師と仏徳禅師の像が安置されています。

手前の昭堂は儀式をとり行う場で、柱上の詰組の三手先組物、鋭く反った軒先、花狭間格子を入れた戸や窓などに禅宗様(唐様)建築の特徴がよく表れています。

 

 

国宝 観音堂

 

f:id:cobumaki:20201228132337j:plain
f:id:cobumaki:20201228132438j:plain

 

 

観音堂水月場と呼ばれ永保寺敷地内の建物の中では最も重要な仏殿、つまり本殿にあたります。

鎌倉の円覚寺舎利殿とともに鎌倉末期の禅宗様建築の代表的遺産で、禅宗様建築の手法に平安時代から引き続いた和様建築の手法をうまく組み合わせた特殊な建物です。

床は土間ではなく板張りで桧皮葺(ひわたぶき)の屋根は大きな軒反りを見せています。

鎌倉時代の1314年(正和3)夢窓国師が虎渓山に来て1年目に建立したと言われています。

内部の須弥壇(しゅみだん)には室町時代初期に作られた県の重要文化財である聖観音菩薩坐像が本尊として納められています。禅宗の寺の建物の中では1番大切な仏殿です。

 

 

鐘楼

 

f:id:cobumaki:20201228132402j:plain
f:id:cobumaki:20201228132417j:plain

 

楼上には昭和23年鋳造のつり鐘があり夕刻には修行僧が鐘をついています。

また毎年除夜の鐘は一般にも開放されています。龍の細工が美しいです。

 

 

六角堂梵音巌

 

f:id:cobumaki:20201228132503j:image

 

梵音岩上の六角堂には千体地蔵がまつられています。願をかける人が地蔵を借り、願がかなうと新しい地蔵を添えて返されています。

六角堂に至るまでの岩山にはたくさんのお地蔵様がまつられています。圧巻の景色です。

滝の水は虎渓山北西にあるシデコブシ群生地付近の湧き水を集めたものです。

 

 

寺務所

 

だるまおみくじが引けます。だるまの中におみくじがはいっています。かわいいだるまは家に飾ってあります。

御朱印もこちらでいただけます。

 

f:id:cobumaki:20201228132523j:plain
f:id:cobumaki:20201228132539j:plain



 

周辺には同じ臨済宗南禅寺派の寺院がいくつか点在しています。

 

 

 

 

森のケーキ屋「サンドール」

カフェ「パーム・ド・フォレスト」

 

 

f:id:cobumaki:20201228132607j:plain
f:id:cobumaki:20201228132725j:plain

 

f:id:cobumaki:20201228132612j:plain
f:id:cobumaki:20201228132620j:plain

 

 

 

ガラス張りの店内から見える木々に囲まれた景色は、山奥の別荘に訪れた様な雰囲気で、森の中の隠れ家のようです。

11時から14時まではランチもやっています。

 

 

f:id:cobumaki:20201228132650j:plain
f:id:cobumaki:20201228132717j:plain

 

 

 

ケーキは普通に美味しく、街のケーキ屋さんの味といった感じでしょうか。

ケーキセットは無いのでちょっと値段お高めです。

おやつプレートはドリンク付きで900円。

娘はプリンアラモード490円とオレンジジュース430円。

 

f:id:cobumaki:20201228132750j:plain
f:id:cobumaki:20201228132743j:plain

 

 

 

まとめ

 

歴史ある永保寺は寺の建造物が大切に管理されていて見ごたえがあります。

サンドールは雰囲気がよく、地元の人達でにぎわっていました。

紅葉の時期に紹介したかった。

 

 

こちらのカフェもステキですよ。

 

www.chubuchihokanko.work

 

 

www.chubuchihokanko.work

  

岐阜といえば日本一高いバンジージャンプ、岐阜バンジー

 

www.chubuchihokanko.work

 

 

 

 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

kindle読み放題