中部地方観光見聞録

愛知、岐阜、三重を中心に中部地方のおすすめスポットや情報をお伝えします

名古屋の水道水がおいしい秘密を聞きに行きました

名古屋の水道水は他の大都市に比べておいしいと言われています。実際に飲んでもにおいやクセがなくて飲みやすく、市販のミネラルウォーターと遜色ないのではと感じてしまいます。

 なぜ名古屋の水道水がおいしいのでしょうか?名古屋市上下水道局の関連施設である「水の歴史資料館」の職員の方に聞いてきました。

 

 

 

 

名古屋の水道水がおいしい秘密


名古屋の水道水がおいしいのは水源である木曽川水系の水質が良いというのが一番の理由です。主な取水口のひとつは木曽川犬山城のすぐそばにあります。

 

 浄水場できれいな水道水が作られるのですが、急速ろ過(薬品を水に混ぜて濁り成分を凝集させ、速い速度で砂の層を通過しきれいにする方法)による薬品によって味が変わることはありません。

 

緩速ろ過(ゆっくり砂の層を通過させ、砂の層とその表面についていいる微生物できれいにする方法)では微生物により水がおいしくなる可能性はありますが…。

 

名古屋は緩速ろ過と急速ろ過の施設があります。この辺りは緩速ろ過された水が給水されていますよ。


水質が良いので、ろ過しただけで水道水として供給できるので、水質改善のために脱臭などの余計な工程が必要ありません。


また、木曽川水系の水質を守るために植林をしたりして水源を守る活動もしています。

 

水の歴史資料館の職員さんが、親切に熱く語ってくださいました。ありがとうございます。 

 

名古屋の水道水を試飲しました

鍋屋上野浄水場では浄水方式として急速ろ過方式に加えて、緩速ろ過方式も採用しています。

水の歴史資料館の水は鍋屋上野浄水場の水道水だそうで、館内では冷やされた水道水が試飲できます。早速飲んでみました。

 

緩速ろ過された水は飲み慣れているとはいえ、クセがなくて飲みやすく、当日は暑かったので特においしいかったです。

 

木曽川の恵みに感謝せねば。

 

 

水の歴史資料館と水の歴史のプロムナードとは?

水の歴史資料館では、名古屋の上下水道の歴史、役割、災害、防災について無料で学べる資料館です。

 

近くには東山配水塔の前身である東山給水塔があり、その姿はディズニー映画の「塔の上のラプンツェル」に出てくる塔に似てい可愛らしいです。残念ながら塔の敷地内へは入れませんが。

 

f:id:cobumaki:20201017172517j:image

 

日本で唯一のいずれの宗派にも属さない日本の全仏教徒のための寺院で、お釈迦さまのご真骨をタイ国より拝受し、仏教各宗代表が協議し奉安する為に1904年(明治37)に建立されたという、日泰寺という珍しい寺院があるのですが、日泰寺の駐車場からの東山給水塔がよく見えました。

 

f:id:cobumaki:20201017170820j:image

 

水の歴史のプロムナードと題した全長2キロ所要時間約25分の散歩コースがあり、水の歴史資料館、東山給水塔、東山配水場5号配水池、100年記念碑、水の小径、水道公園「水の丘」、鍋屋上野浄水場、鍋屋上野浄水場旧第一ポンプ所を回ることができ、今後整備していくようです。

 

館内にはトリックアートがあり、職員の方が写真を撮ってくれました。

 

f:id:cobumaki:20201014180220j:plain
f:id:cobumaki:20201017172605j:plain

 

 

 

まとめ

名古屋の上下水道の歴史や現状、災害や防災などが分かりやすく展示されています。当たり前だと思って飲んでいる名古屋の水道水ですが、とても恵まれているんだなと感じました。

 

 

 

 

おいしい水道水の他にも名古屋の中小企業が、素材をより美味しくする無水鍋を作っています。こちらもいかがですか?

www.chubuchihokanko.work

 

 

ブログ村に参加しています。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村